カテゴリー
苺作業日誌

山武市野菜共進会 特別賞受賞

山武市野菜共進会特別賞受賞

去る12月3日に山武市野菜共進会が開催されました。共進会とは品評会の事で山武市の農家が出展する資格を持っています。苺は今年の暑さのせいで出品数は、例年より少なめでした。自慢ではありませんが、当園は結構入賞してるんですよ。去年は入賞を逃しくやしい思いをしました。実は今年気合が入っていました。市役所からの受賞・表彰式の連絡をもらったとき心の中でガッツポーズ!!いやーうれしかったです。

翌々日の12月5日に山武市産業祭り(旧松尾役場で開催)がありそこで表彰式がありました。山武市の農家さんの野菜や商店街の出店が並び10時過ぎなのにこの人出大変盛り上っていました。

山武市産業祭り

ちーばくんも応援に来てくれていました。となりにいるのが、千葉県警のシーポックくんだそうです。(娘におしえてもらいました。)

ちーば君

マラソン大会賞状ちなみに娘も向寒マラソン大会があり、見事5位入賞を果たしました。となりのファイト賞というのは、練習を休まず参加した子供全員に授与されたそうです。私としては5位より練習を休まずというのを褒めてやりたいです。

思わぬところでダブル受賞今日は家族で乾杯です。

カテゴリー
苺作業日誌

シーズン前に・・・

みなさんの真剣な眼差し

シーズン直前のこの日、一足早い忘年会を兼ね館山のいちご屋さんの視察に行ってきました。

システム化された施設もはや苺生産工場といってもいいでしょう

山武成東インターより高速に乗り役二時間で最初の視察場所に到着。 広大な敷地の中に回転寿司、魚屋さん、お猿さんのショー、お土産やさん等が並ぶ一角にこの苺園が、話を聞くと社長はこの敷地内の魚屋さんとの事。いちご栽培は二年目という事だか、資本にものを言わせて、広大に駐車場、鉄骨大型ハウスに高設システム、豪華な売店と豪華な施設にびっくり!!たしかに施設はすごいが、この高設栽培のシステムは収量は上がるが、味がいまいち?といわれているシステムで味で勝負している成東(私)にはちょっと向かないと一人納得して次の視察場所へ・・・

高設育苗システム

五分後、私と同じ苺二代目の農家が経営している苺屋さんに到着、育苗システムの見学をさせてもらった。夏の暑さの中の育苗は、過酷そのものでおまけに最近は、苺が枯れる病気(たんそ病)やらいろいろ悩みが多い。最初の視察場所では上の空だった私もここでは興味しんしんである。このシステムは、小スペースで育苗が可能で又省力化が可能だそうで

説明をきいてもなるほど!!と共感する部分が沢山あった。値段は2万本育苗で400万と少々割高だが、これは使えるとある組合の人は、早くも導入を決めた人もいたようだ。

私も余裕ができたら検討しましょう。

他直売所等2箇所視察をして夕方成東に到着、視察に参加できなかった人たちも集まり、毎年恒例の忘年会に突入。同じ境遇の先輩方、仲間たちと飲む酒はまた格別で、翌日の仕事がはかどらなかったのは言うまでもありません。

宴会の写真もとったけど、皆さんの名誉のために掲載は控えさせて頂きました。(笑)

みなさん!!今シーズンもかんばりましょうね!!!

カテゴリー
お知らせ 苺作業日誌

収穫開始

少し前から少しずつ収穫は、していましたが本日まとまって収穫できました。品種はあきひめという品種です。春先から育苗を始め、やっとここまでこぎつけました。なんともうれしい限りです。今年は、収穫初期にもかかわらず、結構サイズがそろっています。直売は来月初旬に始められそうです。今シーズンもよろしくお願いします。

カテゴリー
苺作業日誌

ハウスの住人 3 天敵発進!

ハウス内にまんべんなく放します。

今日は天敵が配布されました。苺にはあぶら虫やダニが発生します。生育に影響がでるばかりでなく最悪ハウス内が全滅する場合もあります。そうなる前に普通は、農薬を使い退治しますが、写真の容器には、農薬ではなく、あぶら虫やダニを退治する天敵昆虫が入っています。うまく定着すれば、シーズン中は、農薬は使わなくて済みます。目には見えませんが心強いハウスの住人です。

カテゴリー
お知らせ 苺作業日誌

色づきはじめました!

今日ハウスで作業していると、ありました!今期第一号が色づきはじめました。(紅ほっぺ)といってもこの子だけで、ちょっと恥ずかしそうになっている様な気がしました。まもなく直売開始となります。さあーお店の準備もはじめないと・・・

イチゴ狩り情報
初収穫ははもう少し先ですね!
カテゴリー
苺作業日誌

ハウスの住人 2

苺屋さんには欠かせない相棒です

このところ趣味ネタが続きましたが、ここで本来の仕事ネタで・・・苺は順調に生育中です。早いもので花もだいぶ咲いてきたので、先日ミツバチをいれました。苺の受粉作業は、すべてこのミツバチさんにお願いすることとなります。この受粉がうまくいかないと、形のいい苺にはなりません。写真の様に花~花と渡り歩き自然に受粉されるわけです。受粉後約40日後おいしい苺ができてきます。

いよいよシーズンが近づいてきました。

巣箱の様子

この箱の中に約一万匹のミツバチが暮らしています。

今日も元気に働いてくれてます。

たのむよ!ミツバチさん!!

カテゴリー
苺作業日誌

イチゴ狩り情報(マルチング作業)

 

http://www.kubohara.com/wp-content/uploads/P1020599.jpg
慎重かつ迅速に・・・

ビニール張りと平行でマルチング作業がはじまりました。写真の様にビニールを被せ手探りで株を探し出しそこに穴をあけ、株を出していきます。間違って株の無いところに穴を開けると、ただ穴が開いただけの間抜けの状態になってしまいます。それに早く株を出してあげないと株がむれて葉焼けになってしまいます。慎重かつ迅速な作業が求められます。ひたすら立ったり座ったりの連続で2~3日は筋肉痛です。

カテゴリー
苺作業日誌

イチゴ狩り情報(ビニール張り)

今日は風もよわかったので痛んだビニール張りをしました。ハウスの長さが約50mもあるのでこれが結構重労働です。今年はこの作業が6棟です。いやー今日もいい仕事しました。(笑い)

イチゴ狩り情報(ビニール張り
カテゴリー
お知らせ 苺作業日誌

イチゴ狩り情報(いちご生育状況)

イチゴ狩り情報 (いちご生育状況)
2010.10.8撮影

現在定植が終了しました。生育状況は順調です。(笑い)